• Hello & Welcome!

    "本と雑貨をハシゴして、ついでにコーヒーも飲める本屋さん" をコンセプトに、

    店主の好みと気分で選んだ古書や新刊書籍に国内外のレトロ雑貨が揃います。

    Under the concept of "a bookstore where you can buy books and related goods and drink coffee,"

    you can find old and new books from home and abroad selected from the shopkeeper's preference and mood.

  • About Us

    Think about the journey of a book.

    一冊の本の道程に想いを馳せる—。

    Book Hunt

    文学のまち松山の 小さな本屋で思いもよらなかった本と出会う—。

     

    新しい本に、懐かしい本。

    食や生活、デザインや絵本を中心とした、

    日々の暮らしに、そっと寄り添ってくれるような本を取り揃えています。

    How About a Drink

    本選びのひと時を豊かにしてくれる一杯のコーヒー。

     

     

    店内ではコーヒーやビールなど、本と相性の良いドリンク類の提供をおこなっています。

    徳島のaalto coffee 庄野雄治さんによる当店オリジナルのブレンドをお楽しみください。

    テイクアウエイのご利用もお気軽にどうぞ。

    Chill Out

    本と過ごす寛ぎの時間。

     

    店内の一角で、頁を捲りながらブックカフェ的な過ごし方をするのもオススメです。

    偶然に居合わせたヒトとの出会いも楽しいもの。

    少人数での読書会のご利用もご相談ください。

  • News

    日々のお知らせ

    Day to open the book

    <2022年 10月の営業日 >

    1・2・3・4・5・6・7・8・9・10・13・14・15(※17時迄の短縮営業)・16・17・20・21・

    22・23・24・27・28(※18時迄の短縮営業)・29・31

    ☆Open — 13:00 — 19:00

    定休日:火曜日・水曜日(10/4・5は営業します)

    ※30日(日)はEvent出店のためお休みします。

     

    入り口にアルコール消毒液をご用意しております。

    感染症対策へのご協力をお願いします。

    ドリンク類はテイクアウト用カップでの提供とさせていただきます。

    Media information

    NHK松山放送局ラジオ

    「ラジオまどんな」

    10月6日(木) 17:05〜18:00

    パーソナリティの岡田留美さんと本にまつわる四方山話をゆるくトークします。

    テーマは「思わず買いに行きたくなるパンの本」

     

    番組はこちら

     

    POP UP

    「めしSAKE珈琲 髙本」開業2周年祭

    ワンダーランドへの扉『FLEA MARKET & block party』

     10月15日(土)

    MARCKT▶︎11:30〜17:00

    show▶︎18:30〜壁面を使った投影ショー

    於:髙本ビル南側駐車場

     

    「豊圓寺の法話の会と秋のお寺市」

    10月 30日 (日)

    10:30〜15:30

    於:豊圓寺 本堂・境内にて

    愛媛県伊予市下吾川1963

    出店予定:GOODMORNING FARM 、たま工房、福岡自然農園、

    a lot of OPTiONS 、亀岡家、額師風雅、ちゃぶや、onsa、ロンじろう、

    LILAC DAYS CAFE 、石畳のパン屋(12時から)、新田、村上千彩、本の轍、樹木葬ご相談所

    Buying a book

    当店では本の買取りも行なっています。

    お手持ちの良書を、ぜひ、お譲りください。

    アートブック・写真集、国内外の絵本、1980年代までのファッション・カルチャー雑誌、

    ライフスタイルに関する本は大歓迎です。

    まずは、お気軽にご相談ください。

  • Event

    本に関連した企画展や、モノ・コト・ヒトを主軸としたワークショップ、

    Book Talkイベントなどを定期的に開催しています。

    【開催中

    9月29日(木)-10月10日(月・祝)

    鈴村温『ちょっとした“ちがい”がわかる いきもの英単語』刊行記念展

    *期間中の休み:無し

     

    CatとKittenのちがいはなんだろう...?

    じゃあ、ApeとMonkeyは?

    いきものの単語に注目すると、語源や日本と英語圏でのイメージ・外見など、さまざまな“ちがい”があります。

    25のテーマでいきものたちの英単語を紹介する『ちょっとした“ちがい”がわかる いきもの英単語』(清水建二・文 / 鈴村 温・絵 / 実業之日本社・刊)の出版を記念し、作画を担当された鈴村温さんの原画展を開催します。

    子どもも、おとなも、新しい角度からいきものたちの英単語の世界をのぞいてみよう!

     

    *鈴村 温(すずむら・のどか)

    1991年兵庫県たつの市生まれ。

    成安造形大学イラストレーションクラス卒業後、

    奈良県「たんぽぽの家アートセンターHANA」で活動をサポートする仕事に携わる。

    日々ごきげんに暮らすことを心がけ、絵本を中心に動物や人を観察して絵を描く活動を続ける。

    2020年に『Same Pose』(出版社さりげなく)を刊行。

     

     

    過去のイヴェントについてはこちら

    【終了

    8月20日(土)

    《編集って面白い? 続・水本アキラの[編集]術》

     

    DJに編集者・文筆家と、松山を拠点にマルチな才能を発揮して活動されている

    水本アキラさんをお迎えしてTalk Eventを開催します。
    7月16日に開催し、好評を博した『本と編集と私。』のおかわり編 ! !

     

    編集をテーマに1にカット、2にコピー、3、4がなくて5にペースト。
    本、雑誌、テレビ、音楽作品などをとおして、約25年にわたり、

    編集者・DJとしてサブカルチャー界の片隅で切った貼ったしてきた水本アキラ。
    この7月に〈編集〉とは何か、生活の中の編集術を語り尽くすトークショウを行いました。
    好評につき、より実践的で、より対話的に〈編集〉というテーマを探求するイヴェントを開催します。

    "編集力"を強化したい方は、必見・必聴の内容です。

    奮ってご参加くださいませ。

     

    <募集要項>

    8月20日(土)

    at 本の轍 / Book On The Tracks
    ● 開場18:30 / 開演 19:00
    ●料金 1,500YEN +1DRINK ORDER

    学割 : 高校生 1,000YEN+1D Order、大学生 1,200YEN+1D Order
    ● 定員 10名(要予約)

    ☆ 店頭、電話、MAILにて、お名前・参加人数・連絡先(電話番号)を添えてお申し込みください。

    ※限定人数で開催のため、お申し込み後のキャンセル はご遠慮ください。

     

     

    *水本アキラ(みずもと・あきら)

    1969年7月1日生、松山生まれ。

    東京造形大学デザイン学科I類卒業。

    SHOP 33(吉祥寺)勤務、高円寺のレコード店「Manual Of Errors」店長を経て、

    1998年からフリーランスに。

    音楽、文学、映画、写真、デザイン、アートといったサブカルチャーを主なフィールドに、

    企画、編集、映像、デザインをトータルに手掛けている。

    また、テレビ番組やラジオ番組の出演や構成、

    トークイベントやワークショップの主宰も精力的に行なっている。

     

     

    過去のイヴェントについてはこちら

    【終了

    7月28日(木)-8月15日(月)

    西武アキラ『いえのなかの ぼやき妖怪ずかん』出版記念展

    *期間中の休み:7/31・8/6・7
     

    家の中の小さな「名もなき家事」が妖怪化!

    そんな妖怪たちのぼやく姿が楽しい図鑑形式の絵本『いえのなかの ぼやき妖怪ずかん』

    (原案・文:矢野貴寿 , 文:こざき ゆう , ポプラ社 刊)の出版を記念し、

    作画を手がけた西武アキラの作品展を開催。

    本書に掲載した妖怪たちのイラストを展示するほか、関連グッズも販売します。

     

    〈会期中のEvent〉

    『お盆だよ!西武アキラの、ぼやき妖怪祭り』

    西武アキラがあなたの家事に関する”ぼやき” をヒアリングして、

    その場でオリジナルの”ぼやき妖怪”を描いてプレゼントします。

    ※『いえのなかの ぼやき妖怪ずかん』をご購入のお客様対象。要事前予約。

     

    【募集要項】

    日時:8月13日(土)
    ①13:00~13:30(予約済み)/ ②13:30~14:00(予約済み)

    ③14:30~15:00(予約済み)/ ④15:00~15:30(予約済み)

    ⑤16:00~16:30(予約済み) / ⑥16:30~17:00(予約済み)

    ⑦17:30~18:00(予約済み) / ⑧18:00~18:30(予約済み)

    定員:各回1名(全8名)
    参加費: 1,500円 + 絵本『いえのなかの ぼやき妖怪ずかん(1,815円)』

     

    ☆電話・店頭・Mailにて、ご希望の時間帯、お名前とご連絡先(電話番号)を添えてお申し込みください。

    限定人数での開催のため、お申し込み後のキャンセルはご遠慮ください。

    当日に空きがあれば、ご予約無しでも参加できます。

    〈8月8日追記〉:定員に達したため、募集は締め切りました。

     

    *西武アキラ

    美術家、実験漫画家。1980年愛媛県松山市生まれ。

    絵画、マンガ、書体、陶器、ARなどジャンルを横断した活動を国内外で展開。

    マンガグループCHOJIN CLUBを主催。

    好きなぼやき妖怪はフクヌギッパ。

     

    *矢野貴寿 / 原案・文

    広告会社勤務。クリエーティブディレクター、コピーライター。

    社会課題ソリューションやコンテンツ制作など様々な企画を手がける。

    好きなぼやき妖怪はクツシタマルマル。

     

    *こざき ゆう / 文

    児童書ライター、作家。

    雑学、物語、伝記、学習漫画、解説文が得意。

    主な作品に『Dr.ちゅーぐるの事件簿』他多数。

    好きなぼやき妖怪はペーパーカラカラ。

     

     

    過去のイヴェントについてはこちら

    【終了

    7月16日(土)

    『本と編集と私。水本アキラの[編集]術 』

     

    松山を拠点に、DJに編集者・文筆家として全国を股に掛けて活躍されている

    水本アキラさんのTalk Eventを開催します。

     

    年明けに自身のライフワークとも言える、武田百合子の「富士日記」解読本、

    『ゆりこたいじゅんはな 武田百合子『富士日記』の4426日②』をリリースした水本氏。

    〈編集〉という観点で自身が影響を受けた書籍、雑誌、映像など、さまざまな資料を紐解きつつ、

    これまでの仕事も振り返りながら、既存の情報/モノ/風景などから新たな魅力を再発見する

    フレッシュなアイディアと、それを拡散するためのブランニューな方法論を探っていくひと時。

    本に雑誌、音楽や映像、そして人生までもが編集される時代。

    "編集力"を強化したい方は、必見・必聴の内容です。

     

    <募集要項>

    7月16日(土)

    at 本の轍 / Book On The Tracks
    ● 開場18:30 / 開演 19:00
    ●料金 1,500YEN +1DRINK ORDER
    ● 定員 10名(要予約)

    ☆ 店頭、電話、MAILにて、お名前・参加人数・連絡先(電話番号)を添えてお申し込みください。

    ※限定人数で開催のため、お申し込み後のキャンセル はご遠慮ください。

     

    (7月2日 追記)定員に達したため、募集は〆切りました。

     

     

    *水本アキラ(みずもと・あきら)

    1969年 松山生まれ、同在住。

    東京造形大学デザイン学科I類卒業。

    SHOP 33(吉祥寺)勤務、高円寺のレコード店「Manual Of Errors」店長を経て、

    1998年からフリーランスに。

    音楽、文学、映画、写真、デザイン、アートといったサブカルチャーを主なフィールドに、

    企画、編集、映像、デザインをトータルに手掛けている。

    また、テレビ番組やラジオ番組の出演や構成、

    トークイベントやワークショップの主宰も精力的に行なっている。

     

    主な著作に『レコード・バイヤーズ・グラフィティ』(リットー・ミュージック、2011年)、

    『コテージのビッグ・ウェンズデー』(*堀部篤史との共著 誠光社、2015年)、
    『タモリさんについてい知っていることを話そう。海賊版』(*堀部篤史との共著 HERE I AM、2017年)、『YURIKO TAIJUN HANA ① 武田百合子「富士日記」の4426日』(HERE I AM、2018年)、
    『Comme à la radio 〜ラジオのように 』(HERE I AM、2018年)、

    『YURIKO TAIJUN HANA ② 武田百合子「富士日記」の4426日』(Futon & Co.、2022年)がある。

     

     

     

    過去のイヴェントについてはこちら

    【終了

    5月19日(木)-5月30日(月)

    tara×回里純子『わたしとほし』刊行記念写真展

    *期間中の休み:5/24・25
     

    モデル・女優として活躍するtaraが、花の名前を持ち、

    異なる「星座」を宿したバレリーナを演じる4つのショートストーリーを、

    新進気鋭の写真家、回里純子が撮影したフォトブック『わたしとほし』

    の刊行を記念した写真展を開催します。

    写真作品展示に加え、写真集のほか、taraさんのオリジナルグッズも販売します。

     

    Talk Event

    taraさんの『わたしとほしができるまで』

    写真展開催中、taraさんをお招きしてお話会を開催します。

    写真集『わたしとほし』制作にまつわるエピソードや、こぼれ話、

    バレリーナ時代のお話や、気になる私生活のことなどをお伺いします。

     

    <募集要項>

    5月22日(日)

    at 本の轍 / Book On The Tracks
    ● TIME 13:00-14:30 / 開場12:30
    ● CHARGE 1,500YEN +1DRINK ORDER
    ● CAPACITY 10名(要予約)
    ☆ 店頭、電話、MAILにて、お名前・連絡先(電話番号) を添えてお申し込みください。

    ※限定人数で開催のため、お申し込み後のキャンセル はご遠慮ください。

     

     

    *tara(タラ)
    モデル/女優
    5歳よりバレエを初め、15歳で単身渡米。

    ヒューストンバレエの研修を経て、チェコ、クロアチアの国立劇場でソリストとして踊る。

    2016年より拠点を日本に移しモデルとしての活動をスタート。

    雑誌、カタログ、TVCMなど多数出演するほか、絵本の翻訳(「チュチュをき たトラ」文化出版局)、

    エッセーの執筆、ヴィーガン料理のレシピ開発など幅広く活躍している。

    2020年より雑誌『リンネル』にて環境問題を取り上げる連載

    「taraさんと考える私と地球に心地よい暮らし」を担当。

     

     

    *回里純子(かいさと・じゅんこ)
    写真家
    跡見学園短大国文科卒業。

    在学中から音楽写真 を撮り始める。

    卒業後、広告制作の写真事務所にて、アシスタントを経て独立。

    フリーランスフォトグラファーとして、主に雑誌や広告、多数の書籍の撮影に携わる。

    2010年にこどもた ちとタカラモノを撮るプロジェクトを発足。

    写 真展を開催し、そのポートレートをまとめた著書『I love』をmille booksより発刊。

    人物とその周りにある空気感を写し撮るのを得意として おり、

    国内外問わずファッションやライフスタイルなど幅広いジャンルで活動中。

     

     

    過去のイヴェントについてはこちら

    【終了

    4月21日(木)-5月9日(月)

    絵本『なないろのクリームソーダ』原画展

    *期間中の休み:4/26・27・30・5/1
     

    “純喫茶ブーム”の火付け役である純喫茶コレクション・難波里奈さんと

    爽やかな色彩と透明感のあるイラストで人気のoyasmur(オヤスマー)さんが描く絵本、

    『なないろのクリームソーダ』(ケンエレブックス)の刊行を記念した原画展を開催します。

    期間中は原画作品とパネル展示、おふたりのサイン入り絵本に加え、関連グッズも販売します。

    本の街・神保町で60年以上にわたり愛される老舗喫茶「さぼうる」を舞台に繰り広げられる

    “色鮮やかで、あま〜い” 夢の世界を描いた物語を、ぜひ お楽しみください。

    (原画作品は会期終了後のお渡しとなります)

     

     

    【作】難波里奈(なんば・りな)
    東京喫茶店研究所二代目所長。

    日中は会社員、仕事帰りや休日にひたすら純喫茶を訪ねる日々。

    「昭和」の影響を色濃く残すものたちに夢中になり、

    当時の文化遺産でもある純喫茶の空間を、日替わりの自分の部屋として楽しむようになる。

    近著に『純喫茶とあまいもの 京都編』(誠文堂新光社、2020年)など。

    ツイッター:https://twitter.com/retrokissa
    インスタグラム:https://www.instagram.com/retrokissa2017

    【絵】oyasmur(オヤスマー)
    イラストレーター。秋田出身。

    美大在学中にハンドメイド雑貨の出店をきっかけに活動を始める。

    書籍・雑誌の挿絵、広告、音楽アートワークなどで絵を描く。

    日常はたまた夢の中に感じたさびしさやきらめきを描きとめている。

    インスタグラム:https://www.instagram.com/oyasmur/?hl=ja

     

     

     

    過去のイヴェントについてはこちら

  • SNS

    Facebook

    Twitter

    Instagram

  • Online Store

    当店がレコメンドする古書や、厳選した新刊書などをこちらからお求めいただけます。

  • Contact

    ご不明な点やご質問がありましたら、ぜひお気軽にご連絡ください。

    愛媛県松山市春日町13-10
    089-950-4133
  • 〒790-0024
    愛媛県松山市春日町13-10
    電話 : 089-950-4133

    松山市駅より徒歩4分
    近隣にコインパーキングがあります。

    《営業時間》
    木曜〜土曜 : 午後1時〜午後7時
    *そのほかの営業日はNews欄やSNSでご案内しています。

     

    古物商|愛媛県公安委員会許可|第821070003767号